ただし復縁のつらさとして

夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込みおぞましい戦場になるシーンは、映画やドラマでよく描かれます。

ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、相手を刺したり、殺してしまうプロットもサスペンスにはありがちです。

配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのもあっていいやり方でしょう。

離婚も辞さない覚悟なら、取っていい行動といえるかもしれないです。

浮気の証拠をとらえるためには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。

ところが、探偵に頼むと費用がかさむので、誰でも容易に依頼することのできることではありません。

探偵さんへの浮気調査の依頼には、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所それぞれでお値段は違ってくるので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいのケースもあります。

離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は少なくなります。

さらに、不倫相手の方が不倫を認めない時には証拠が必要になります。

第三者からみても明白な浮気の証拠がなくてはいけません。どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、平均で3?4日かかるといわれています。
ワクワクメールのトリセツ

しかしこれはあくまでも平均的な日数です。調査の対象者がとても用心深かったりすると、3?4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあり得ます。

それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が特定済みの場合は、1日で十分な証拠が集まることもあります。

探偵には悪いところがなくても、依頼者のちょっとした言動で、調査対象が警戒を強めてしまって証拠集めがやりにくくなり、失敗してしまう場合もあるでしょう。

探偵が浮気調査をする場合、100%成功することはあり得ないのです。

うまく行かなかったときの報酬についても、調査を始める前にちゃんと確認しておきましょう。

法律的に、結婚している男女がパートナー以外の人と自分の方から男女の関係にいたることを浮気といいます。

すなわち、法律上では、肉体関係を持っていない場合には、食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではないのです。

好き避け」と男性じであるかのように感じられるのが

勘づかれないように写真を撮りたいときはプロの探偵に調査してもらうのがベストなのです。

探偵事務所調査を依頼し、浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。

相手の様子が浮気を想わせた場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。

ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を収集しようと思っても、自分の行動が相手に見つかってしまう可能性は低くないでしょう。

理由としては単純で、あなたの顔が相手に認識されているのからです。

浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。

ところが、探偵に頼むと調査料金も安くはないですから、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。

探偵へ浮気調査を頼んだら、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所の違いで調査料は変わってきますから、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。

GPS装置を用い、良く通っている地域の情報を得て、その近所をウロウロしていれば、いつかは来るはずですから、現場を押さえられると考えられます。

依頼するお金が無い場合には、地図情報システムで調査するのも、ひとつの方法ではあります。

GPS端末が付けられていることが知られてしまう事があります。

 探偵が用いている追跡グッズとは 自分で購入できるのかといえば買うことができるのです。

一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて使用することが多いです。

でも、どんな人でもネット等で買えます。

車両に載せるタイプのGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。

探偵の浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。

実費としては調査の際にかかった交通費とか証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査中の食費が加わることもあるかもしれません。

時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、算出した費用です。

短い期間で浮気調査を終えると費用も安くすむわけです。奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んで修羅場と化すシーンは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。

妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、殺人にまで到ってしまうサスペンスドラマも少なくありません。

配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのもやり方の1つでしょう。離婚も辞さない覚悟なら、取っていい行動といえるかもしれないです。